MENU

射法八節のコツ

足踏みからはじまり、残心で終わる行射の基本である射法八節ののコツやポイントを中心にお伝えしています。
正しい射形に近づく上での参考にあれば幸いです。

射法八節のコツ記事一覧

足踏みがしっかり出来ていますか?射術で一番最初に行う動作が足踏みで、射法八節の中で重要な正しい姿勢をとる為の最も基礎となる下半身の作り方であり、単なる足を開く動作ではなく、これを軽視する初心者は絶対に上達しないので、コツや手順を知っておきましょう。足踏みは、的に自分の立つ位置を決め、上半身を支えるという大切な役割があります。そして、基本的な足踏みの動作の手順としては、矢を弦にかけて直立の姿勢をとり...

足踏みで基本の下半身の姿勢が決まったら、次はその上の上半身の姿勢を整えます。これが胴造りです。右手で弓を左前方に移し、弓の下側の先端である本弭(もとはず)を左の膝頭の上に置き、胴造りに入ります。胴造りのコツでもあり、気をつけなければいけないのは、上体だけで推し測るのではなく、下半身を含めた体全体の基本姿勢として捉えることです。また、胴造りは割と簡単に出来るので、安易に行いがちですが、矢を射る行射の...

足踏み、胴造りで基本の姿勢が整ったら、次に弓を射る動きへ移る為の準備段階が弓構えですね。右手(妻手)を弦にかけて矢をおさえる取懸け(とりかけ)、弓を握る左手の形を整える手の内、顔を向けて射ようとする的を見定める物見の3つの動作からなります。これらの3つの弓構えの動作が出来てはじめて、弓を引き矢を放つ動作に移ることができるので、弓を持つ左手、矢と弦を押さえる右手の動作をしっかり習得することが大切です...

右手(妻手)で矢と弦を押さえる取懸けが上手く出来ていますか?とりわけ弓道を始めたばかりの初心者の中学生で、一度で取り掛けをビシッとできない選手も少なくないでしょう。取懸けが正しく行われないと、弦が十分に引けなくなり矢を放つ妨げになるなど、行射に差し響いてきますね。取懸けの手順としては、矢を弦に掛けた位置から10センチ程下に、親指の付け根あたりにあるゆがけの弦枕(つるまくら)にかけ、帽子(ゆがけの親...

手の内を正しく作ることが出来ていますか?手の内は簡単に言えば左手での弓の握り方のことですが、初心者のうちは上手く出来ずに痛みやマメが出来たり、崩れてしまったりという悩みがある方も少なくないでしょう。手の内の理想は、弓を押した際に、親指の頭と人差し指の付け根の部分が同じ高さになることです。逆に最もやってはいけないのが、親指を曲げてしまうことです。弓は1センチでも異なった場所で手の内を作ってしまうだけ...

顔を向けて的を見定める物見がしっかり出来ていますか?取懸け、手の内が出来たら物見へと移り、弓構えの動作は完了しますが、丁寧に正しく向けることが大切ですね。物見の手順とコツとしては、取懸けから手の内までは視線は手元にありますが、ここから手の内を整えた左手を斜め後方である背中側に向かって10センチ程度押し開いた後に的に顔を向けるようにします。(足は足踏みの位置から動かさない)この時に、顔を強く向けるよ...

打ち起こしがしっかり出来ていますか?弓構えまでの動作をキープしながら弓を左右に引き分ける前に、弓矢を持つ両腕を上げる最初の動作が打ち起こしですね両腕を頭より少し上の位置まで上げていきます。そして、正面と斜面打起こしがあり、多少動作が違いますが、どちらも胴作りが崩れないようにして、余計な力を指先や肩に入れないで水平に矢を保ってゆっくりと打ち起こします。また、腕をあげた時の高さは、床と腕が45度の角度...

引き分けを疎かにしていませんか?打起こしで上にあげた弓を弓手(左手)と妻手(右手)で引き分ける動作のことですが、意外と意識していないことが多く、会以降に重大な失敗として現れることも少なくありません。そして、胴造りを崩さないで左右のバランスが同じ程度になるような意識をもって注意深く引き分けることが大切です。引き分けのやり方には、正面内起こしでは、矢束の三分の一程度引いた状態である大三(だいさん)で、...

会は、足踏みから引き分けまでが出来て胸に弦がつき、矢が頬につくまで引いた矢を放つ直前までの状態ですね。弦を胸につけることで、常に一定の支点で矢を引くことができますし、頬付けする位置も上唇と下唇の延長線上の口割と言われるあたりを目安にして、いつも同じところになるように意識して行います。足踏みから引き分けは、言わば会に辿りつく為に行ってきたとも言えるでしょう。そして会は、三重十文字が完成され、左右の張...

離れが上手く出来ていますか?離れは弓道で弓から矢が放たれた瞬間のことであり、あくまでも会の延長であり単独で存在するものではなく、足踏みから会までの動作を正しく正確に身につけていないと出来ません。的の中心をに矢を放つイメージをもち、しっかり妻手の張り方向を確認して、力を保ちながら弓手の角見で弓を押し出す意識を持って行います。矢筋に気を配り、会での力を変えないように、伸合いの延長線上で矢を離すようにす...

残心の重要性を理解していますか?矢を放った離れの後の姿勢が残身(残心)になり、弓を引いた後の姿勢をしばらく静止させて維持する行為になります。足踏み、胴造り、引き分け、会、離れと続き、射の結果が残身となるので、残身は言わば射の総決算とも言え、全ての過程を正確に行うことで得られるものです。その為、手や足はもちろんのこと体全体を動かさないで離れの姿勢を崩さず、緊張を保って気を緩めてはいけません。つまり、...

早気でお悩みではありませんか?早気は多くの弓道家が陥りやすく、非常に厄介な問題ですね。また、必ずしも射形が悪いから引き起こされるとは限らず、恐怖心などが早気の主な原因として挙げられることから、早気の直し方で考えなければいけないのは、技術的な面での早気の進行状況や精神状態のあり方(呼吸法を含む)など、両方を考える必要があるでしょう。実際に、早気というほどではないが少し会で我慢できないとか、ある状況で...

弓道の練習をしていてマメが出来て痛いという人も少なくありませんね。マメが出来やすいのは体質にもより個人差がありますが、練習量の多い人ほどまめが自然と出来るものです。そして、マメが出来る場所は、小指の中間あたりや小指のつけ根の下付近、更に天紋筋の下にマメが出来やすいようです。これは的中率が高い人の手のひらに共通して見られる特徴です。また、親指の付け根に豆やタコが出来やすい人もいれば、違うところに出来...

大三が終了後の後半の引き分けが上手く出来ていますか?引き分けの準備となる大三が終わったら、弓手(左手)は押し、妻手(右手)は引きながら矢が下らないように水平に弓を10cmから15cm程引いていきます。この時に左手の中指と親指が引っ付いていることを確認しながら、右肘を意識して弦を引くようにしていきます。最初から最後まで左手の押手が誘導していく形になり、腕や手首の力抜いてリラックスして行います。矢を真...

弓道での狙いのつけ方(的付け)が上手く出来ていますか?狙いは右目主体で見るようにし、会に入った時に、弓の左側から的が半分に見えるのが正しい狙いでしょう。但し、その人の体型によって見え方が変わってきます。矢が的方向に向いていても、その人が痩せているのか、太っているのかなどによっても見え方が違ってきます。その為、狙いのつけ方には,矢摺籐から左側に的が見える満月、左側に半分だけ見える半月、的が矢摺籐の中...

もたれでお悩みではありませんか?弓道でもたれとは、離れが10秒以上できない状態になりますね。原因としては、早気と同様にメンタルが大きく関わっていると言われています。大会や試合などでの勝敗がかかった行射や団体戦でのプレッシャーのかかる場面では、どうしても中てたいという気持ちが射技に微妙に影響を与えてしまうものです。そもそも矢を放つ時というのは、引手で矢を持っている状態ではありますが、意識して放とうと...

口割りが低くなってしまうという悩みはありませんか?口割りとは、弓道の頬付のひとつで、会の状態に入った時に矢が唇の合わせ目にくることですね。また、口割りが降りないとか、つかないという悩みがある人もいるでしょう。矢の位置を安定させる為にも、軽く頬についていることが必要になり、右手のゆがけの位置を体に近づけ、頬付は口割りを最低ラインにします。頬付が一定でないと、いくら狙い(見え方)を正確に行っても、矢の...