MENU

手の内の作り方

手の内を正しく作ることが出来ていますか?
手の内は簡単に言えば左手での弓の握り方のことですが、初心者のうちは上手く出来ずに痛みやマメが出来たり、崩れてしまったりという悩みがある方も少なくないでしょう。

 

 

手の内の理想は、弓を押した際に、親指の頭と人差し指の付け根の部分が同じ高さになることです。
逆に最もやってはいけないのが、親指を曲げてしまうことです。

 

 

弓は1センチでも異なった場所で手の内を作ってしまうだけでも結果が違ってきますし、連続して弓を何回も引いているうちに、弓の反発力に手の内が負けて親指が曲がり、矢と親指の接点が上がってしまう事もあります。

 

 

その為、何度引いても同じ場所を握れるようにしておくことが大切です。弓を正しく握ると、矢と親指の接点が籐と握りの境目になります。当たり前すぎて見落としやすいですが注意する必要がありますね。

 

 

そして、手の内の作り方の手順は、左手の親指と人差し指の間の虎口(ここう)を、弓を構えた時に手前になる弓の面(弦側の面)の内竹の左より3:7になる部分に最も深くなるところを当て、小指の根元近くから反対側に向かう手のひらの筋(天文筋)を弓の外竹(弓を構えた時に的に向かう弓の外側の面)の左角に当てます。

 

 

小指と親指を卵を握るような感じですぼめるようにして、外竹の右側面の角を小指の第一関節を当て、曲げて押さえます。
次に薬指、中指の順に3本の指の先端が揃うように曲げて右側面を押さえます。
この時に、小指は普通に曲げて押さえる時よりも、指1本分ほど上を押さえ、親指と中指の間に隙間が出来ないようにしましょう。

 

 

手の内は、正確に矢を放つ上でとても大切になり、的の中りに直結しその良し悪しが重要になってくるので、弓道を始めたばかりの初心者のうちから、弓構えの段階でしっかり手の内を作り方を習得しておくと良いでしょう。

 

 

知っておきたい!もう痛くない正しい手の内を作る時のコツとは?

 

弓道上達革命DVDの詳細を見てみる