MENU

打ち起こしの高さ(角度)と手順

打ち起こしがしっかり出来ていますか?
弓構えまでの動作をキープしながら弓を左右に引き分ける前に、弓矢を持つ両腕を上げる最初の動作が打ち起こしですね
両腕を頭より少し上の位置まで上げていきます。

 

 

そして、正面と斜面打起こしがあり、多少動作が違いますが、どちらも胴作りが崩れないようにして、余計な力を指先や肩に入れないで水平に矢を保ってゆっくりと打ち起こします。
また、腕をあげた時の高さは、床と腕が45度の角度になるのが目安です。

 

 

打ち起こしの手順としては、妻手(右手)で先導しながら左手を持ち上げるような感じで、両方の拳を上方へあげます。

 

 

あくまで打ち起こしの動作は妻手が中心となって主導する意識を持ち、弓を握っている左手を、右手で持ち上げるようにしましょう。
また、この時に気をつけなければいけないのは、両肩が上がらない程度にとどめて高く弓をあげ、両肩、胸の中筋を考えてゆっくり上げるようにします。

 

 

矢は足踏みと平行を維持し、床に対して平行にするか、矢先を少し下げて低くます。
矢先をやや低くする加減は、水を矢に落とした時に矢の弦を番える部分である筈から、矢先へ緩く水が流れて行く程度の角度の傾きを保つように矢先をわずかに低くします。

 

 

いずれにしても足踏みから打ち起こしは、コツを知って練習をしっかりやれば誰もが身につけることが出来ます。
ここまでを確実に出来るように習得しておくことが、その後の引き分けから残心、的中に大きく影響してきます。

 

 

なお、弓構えの動作が出来上がってから打ち起こしまでは、2秒間の合間で行い、その後に打ち起こしの形を2秒間保ってから、三分の二の動作に移って行くので、自分に合ったリズムを身につけることも必要でしょう。

 

 

教士七段 増渕敦人監修の弓道上達革命DVDでは、余計なことをしないシンプルイズベストの考えで指導をしています。DVDでの映像での射法八節の解説の中で繰り返し解説してありますが、矢の動きの重要性は強調してもしすぎることはありません。打ち起こし、引分け、大三、そして会への移行でも全て「床と平行」を意識する方法が分かりやすく学べます。

 

また、打ち起こし〜離れまでの自分に合った時間、リズムを身につける為のストップウォッチやスマートフォンを用いて時間を計る動作の確認と心の澄ましを体得するメンタルトレーニングのやり方も解説してあります。

 

弓道強豪高校が稽古で実践している日々の練習内容をお教えします!

 

弓道上達革命DVDの詳細を見てみる