MENU

引き分けと大三の留意点

引き分けを疎かにしていませんか?
打起こしで上にあげた弓を弓手(左手)と妻手(右手)で引き分ける動作のことですが、意外と意識していないことが多く、会以降に重大な失敗として現れることも少なくありません。

 

 

そして、胴造りを崩さないで左右のバランスが同じ程度になるような意識をもって注意深く引き分けることが大切です。

 

 

引き分けのやり方には、正面内起こしでは、矢束の三分の一程度引いた状態である大三(だいさん)で、斜面打起こしでは矢尺の三分の二で、それぞれ一旦止める場合と止めない場合があります。

 

 

いずれにしても、普通は左手(弓手)で弓を固定して右手(妻手)引くということが多いですが、このやり方で弓を引くと左の肩が上がったり胴造りが歪んで崩れてしまったりするなど、正しい会が作れなかったりします。
その為、左右のバランスに注意して引き、方向にも気を配ることが大切になります。

 

 

また、視線は物見が変わらないように終始的に向けるようにします。
正面打起こし(大三)では、左手(弓手)の手の内は、中指、薬指、小指を決めて天紋筋をつけて、以後、親指の内側で右の弓の角を擦るように押します。

 

 

親指を伸ばし、爪を上に向けて、親指と人差し指の付け根部分が弓に対して平行になるようにします。
そして、大三で再度矢の平行を確認し、それと合わせて両肩の縦のラインも確認します。また、この時に的の狙いも意識して行います。

 

 

そして、こぶしはもちろん、足や腰、肩も平行になるようにします。
いずにれにしても、大三の位置は内起こしの高さで決まり、高くなるほど、大三の位置が体に近くなってきます。

 

 

一方、右手(妻手)はひねりはかけますが、形は変えないようにし、引き始めに右手の手首が先に動いてしまうと、力が指先に入って、上や前に親指が向くようになってしまので注意が必要です。

 

 

中指と人差し指は、親指を押さえるのではなく、その場を動かさないで親指を中指にぶつけるような感じで行うと良いです。
良く手の内に力を入れすぎてしまい、大三で戻す人も多いですが、一度入れた力は抜けないように留意しましょう。

 

 

そして、左右のバランスに気を配りながら引き、左右均等になるように両肩をしっかり下ろしながら引き分けます。

 

 

なお、引分け時の弓手が安定しない人も多いですが、右目で見ている的を弓手に沿わせ転がすように意識し、胴造りを崩さないように意識することで自然と弓手がおりてくるでしょう。

この教士七段 増渕敦人監修の弓道上達革命DVDでは、説明だけではなく映像と共に分かりやすく解説してあります。

 

また、矢と肩のラインを平行にすることは身につけるべきポイントであり、それに加え姿勢を整える意識すべきことがあるので、平行にならない方や大三から会への動作で射形に悩みを抱えている方必見です!

 

上級者は知っている、射形の綺麗さに差が出る大三での意識とは?

 

弓道上達革命DVDの詳細を見てみる