MENU

会の構成の留意点

会は、足踏みから引き分けまでが出来て胸に弦がつき、矢が頬につくまで引いた矢を放つ直前までの状態ですね。
弦を胸につけることで、常に一定の支点で矢を引くことができますし、頬付けする位置も上唇と下唇の延長線上の口割と言われるあたりを目安にして、いつも同じところになるように意識して行います。

 

 

足踏みから引き分けは、言わば会に辿りつく為に行ってきたとも言えるでしょう。
そして会は、三重十文字が完成され、左右の張り、右肘の張り合い、角見、胸を開く動作が出来ている詰合いと、両腕の関節を伸ばし、気力が充実している状態である伸び合いによって構成されています。

 

 

したがって、釣合いが悪いまま伸び合いに打ってしまうと、離れが崩れてしまう可能性が大きくなります。
その為、詰合いは会の始まりであると同時に、まとめの細かい調整するところでもあるのです。

 

 

左右の腕を伸び合うようにして矢を引き、弦が胸につく胸弦(むなづる)が完了して、弓手は押し開き、妻手は捻じりを利かせた状態になっているかどうか、上半身と下半身の中心軸など、弦のねじりを見ながらチエックし、安定させてから伸合いを行うことが大切です。

 

 

そして詰合いでの細かい調整が済んだら伸合いに移り、矢筋を向けて行きますが、この時も左右の腕のバランスに注意して矢筋を決めます。弓と自分の力が釣り合うところまで我慢強く引き、離れになるまで力は決して抜かないようにしましょう。

 

 

いずれにして手先や胴造りなどに揺れや震えなどがあるようなら、左右の伸合いが正確に出来ていないということなので、重心を保って縦横十文字を堅持し、左右均等に張合い、気力の充実で伸合うようにすることが会の構成での留意すべき点です。

 

 

なお、伸合いの後半にさし掛かったら、弓手肘の回内や伸びなど押し方向、妻手肘の位置、ねじり具合、矢筋などの張り方向、両肩の開き、左右の腕の下筋の上腕三頭筋、親指、天文筋、押し、絞り、上押しなどの手の内の確認をしっかり行って下さい。
この中のどれか一つでも欠けていると正確な正しい離れの姿勢を作れなくなり、狙いも前後や上下にぶれてしまうでしょう。

 

 

会の理想的な射形は、左右両方の肩を矢と平行にし、出来だけ矢に近づけるようにして、弓と体が一体化になることです。
このようにすることで右手の肘は締まり、矢と力の方向が合致し、弓や押手のぶれも少なくなります。
また、右肩が支点となり安定して動かしやすくなるので、的中率が上がるでしょう。

 

 

引き分けから会の時に気を付けるべき、妻手から肩にかけてのブレ矯正法をお教えします!

 

弓道上達革命DVDの詳細を見てみる