MENU

大三以降の引き分けのコツ

大三が終了後の後半の引き分けが上手く出来ていますか?
引き分けの準備となる大三が終わったら、弓手(左手)は押し、妻手(右手)は引きながら矢が下らないように水平に弓を10cmから15cm程引いていきます。

 

 

この時に左手の中指と親指が引っ付いていることを確認しながら、右肘を意識して弦を引くようにしていきます。
最初から最後まで左手の押手が誘導していく形になり、腕や手首の力抜いてリラックスして行います。
矢を真っ直ぐに保ちながら両手を引き下ろすことで右肩が上手く入るようになってきます。

 

 

また、引き分け左右均等の力で背中の筋肉を意識して行いますが、押手(左手)は伸ばしきらずにややゆとりを持たせておきます。
そうすることで、次の会で弓を効果的に引くことができるようになるんですね。

 

 

そして、引き分けでは胸が開くようになりますが、左右の肩は動かさないで行うことが大切です。
肩が上がったり下がったりしないようにするには、肩甲骨の上側を寄せるようにすると肩があがってしまうので、下側を寄せる感じで動かすのがコツです。

 

 

更に、右肩より後ろに右肘の先がくるようにして、右肩の真ん中を支点して行うとゆるみ離れなども起きず、離れも上手くいくでしょう。
なお、引き分けではタオルを絞るように引手(右手)は左回り、押手(左手)は右回りに少しひねりを入れることで、初心者は胸や耳を打ったりしなくなってきます。

 

 

この教士七段 増渕敦人監修の弓道上達革命DVDでは、大三から会へ引き分けるときの注意点や意識するポイント、コツなどが分かります。会では、伸び合いと詰め合いがしっかりできていないことが原因ですので、DVDの映像で実演を交えて分かりやすく解説してあります。

 

引き分けから会の時に気を付けるべき、妻手〜肩にかけてのブレ矯正法とは?

 

弓道上達革命DVDの詳細を見てみる