MENU

足踏みのコツ

足踏みがしっかり出来ていますか?
射術で一番最初に行う動作が足踏みで、射法八節の中で重要な正しい姿勢をとる為の最も基礎となる下半身の作り方であり、単なる足を開く動作ではなく、これを軽視する初心者は絶対に上達しないので、コツや手順を知っておきましょう。

 

 

足踏みは、的に自分の立つ位置を決め、上半身を支えるという大切な役割があります。
そして、基本的な足踏みの動作の手順としては、矢を弦にかけて直立の姿勢をとります。女性の場合は足を綺麗に閉じます

 

 

次に顔を的に向けて、的の中心から仮想の線を自分の足元まで引いて、その線の上に左足の親指を半歩踏み開きながら置きます。
そして、同じ線上に右足の親指も半歩踏み開いて置きます。

 

 

この時のひらく足の幅は、自分の身長の半分の長さにすると良いでしょう。これは自分に適した矢を引き込む長さである矢束にほぼ等しくなります。
両足の角度は、60度から70度前後にします。

 

 

以上の足踏みの動作をひとつずつ確認しながら行うと良いですね。
一度決めた足踏みは射術の最後まで動かしたり、踏みかえないようにしましょう。
また、足踏みには、一足で行う方法と二足で行う方法があり、礼射と武射系によって分けられます。

 

 

なお、弓道初心者の方は、60度の角度で、と言われても正確にできないのが悩みでしょう。

ですが、この教士七段 増渕敦人監修の弓道上達革命DVDでは、足踏みを簡単に調整できる方法やコツが紹介してありますので、道場のフロアの木目を使って基本を習得しましょう。

 

足踏みの正しい広さの捉え方と調整法をお教えします!

 

増渕先生が教える弓道上達革命の詳細はこちら