MENU

口割りが低くなってしまう

口割りが低くなってしまうという悩みはありませんか?
口割りとは、弓道の頬付のひとつで、会の状態に入った時に矢が唇の合わせ目にくることですね。

 

 

また、口割りが降りないとか、つかないという悩みがある人もいるでしょう。
矢の位置を安定させる為にも、軽く頬についていることが必要になり、右手のゆがけの位置を体に近づけ、頬付は口割りを最低ラインにします。

 

 

頬付が一定でないと、いくら狙い(見え方)を正確に行っても、矢の向きが変わってしまいます。
その為、位置や頬への当たり具合は一定にしておくことが大切ですね。

 

 

そして、右手が肩の前に来てしまって、口割が低くなってしまうという人もいますが、特に初心者の場合は、横から引きつけてくることが多いからでしょう。
このような時は、右手が肩の前に出ないように、他の人が手を添えるようにすると直りやすいです。

 

 

更に正しい口割にするには、ゴム弓を使って、ゴムを矢に見立てて練習するのも効果的です。
何より、引き分けは横からではなく、上下運動で体に引きつけることを覚えれば、口割が低くなってしまうなどの癖は直る筈です。

 

 

また、矢を発射する恐怖心から、頬につかないこともあるので、そのような場合にも初心者にはゴム弓は良い練習になりますね。

 

 

なお、この教士七段 増渕敦人監修の弓道上達革命DVDでは、取懸けに近いゴムを持っ手に工夫をしたゴム弓の練習方法が紹介してあります。

妻手の拳から弦が抜けていく離れの感覚や残心も身につけることも出来るので、正しい引き方を効率よく習得したい方は参考になるでしょう。

 

上達に差が出る自宅でもできる練習法をお教えします!

 

弓道上達革命DVDの詳細を見てみる