MENU

胴造りのコツ

足踏みで基本の下半身の姿勢が決まったら、次はその上の上半身の姿勢を整えます。これが胴造りです。
右手で弓を左前方に移し、弓の下側の先端である本弭(もとはず)を左の膝頭の上に置き、胴造りに入ります。

 

 

胴造りのコツでもあり、気をつけなければいけないのは、上体だけで推し測るのではなく、下半身を含めた体全体の基本姿勢として捉えることです。
また、胴造りは割と簡単に出来るので、安易に行いがちですが、矢を射る行射の良し悪しに関わってくるので正確に行いましょう。
特に腰や脚の裏の感覚をしっかり掴むことで、安定した行射が出来るようになります。

 

 

胴造りを修正する場合は、弓を引きながら行うのではなく、矢を引く前に正しい位置に胴を保つようにし、常に同じ胴造りが出来るようになることが安定した的中や射形に繋がります。
したがって胴造りが出来終わるまで弓構えに入らないことです。

 

 

そして、体の各部位のそれぞれの動きは、下半身は足踏みで作った形を維持しながら、膝から下に力を入れるように踏みしめます。
上体は、肩の力を抜き、両肩を腰の線と平行にし、袴を穿いた時に腰に当たる部分の腰板に背中をつける感じで、体がぶれないように姿勢を伸ばし、重心を下腹のあたりに置き、腰を前に押し出すように意識します。(お尻が出ると体が伏すようになり、腹部が出ると体が反ってしまいます。)

 

 

顎は高さを変えないように、顔を的方向に向けます(物見)。
右手は帯の上の丹田あたりに軽くこぶしを置き、指は取懸(とりかけ)の形にして、手の甲を上に向けます。左手は弓の本弭は左膝頭に置いたまま、左手の肘を自然に伸ばして、弓を支えるように持ちます。

 

 

胴造りによって矢を射る時の体の中心線が定まるので、最後の残心までぶれないようにしましょう。

 

 

なお、胴造りで重心がぶれてしまうのは、縦線を正しく利かせることができていないからです。

これを修正するには、つむじを上に押し上げるような意識を持つことやひかがみ、その他にもコツやポイントがあり、非常に重要な部分です。この教士七段 増渕敦人監修の弓道上達革命DVDでは、これらをまとめて、DVDの映像で分かりやすく解説してあります。

 

縦線を利かせ!と言われ悩んでる方必見!胴造りのコツをお教えします!

 

増渕先生が教える弓道上達革命の詳細はこちら