MENU

平付けを改善するには?

離れが真っ直ぐにならないなど、平付けに悩まされていまんか?
平付けとは、取懸けで手の甲が完全に外側を向いしまうことですが、そのようになるのは、取懸けがしつかり出来ていないことが考えれます。

 

 

そもそもその際の筈の位置は、人差し指と親指の股の奥の付け根あたりセットし、右手を手前(内側)にひねって矢を押さえなければいけません。
そうすれば自然に人差し指の側面で押さえることになり、弦を引いている間は矢が安定します。

 

 

ですが、上のほうに筈の位置があると打ち起こす時に、人差し指を矢の下に入れた時に、矢が安定いしずらくなり、筈こぼれの原因になります。

 

 

また、親指と矢がくっついている状態になっていると、打ち起こして引き分けていく最中に、微妙な手首の角度の狂いなどによって、矢が上にずれてしまったりすることもあります。
そして、この取懸けの形を打ち起こしから会に入っても変わらないようにすることが大切です。

 

 

良くない例としては、捻りが効いていない状態、つまり平付けの状態です。
そなると失敗する原因になります。
人差し指、中指が矢の下に入ってしまい、引いてくる最中に人差し指で矢を押し上げてしまうということも出てきてしまいます。

 

 

また、親指が下を向いてしまうので、引いてくる途中で弦が弦枕から出て行ってしまう空筈が起きやすくもなるでしょう。

 

したがって、手の甲が上を向くようにしっかり内側に捻った状態で、人差し指が矢の外側にくるように取懸けをしましょう。
ただ、手首だけでひねるとかえって矢が不安定になり、左の拳から落ちるようになることもあるので、肘から手首までを一体と考え、全体を内側に捻るようにすると良いです。

 

 

教士七段 増渕敦人監修の弓道上達革命DVDでは、悪い例なども交えながら正しい取懸けのやり方が映像でしっかり学べます。それによって、平付けの改善はもちろん、筈こぼれ、空筈を直すことにも繋がるでしょう。

 

取懸けの注意すべき重要ポイントをお教えします!

 

弓道上達革命DVDの詳細を見てみる