MENU

顔向けの不正

顔向けの不正で正しい狙いが定められなくなっていませんか?
最近の学生に多く見られるのが弓手重視の引き方になっている人が多く見られます。

 

 

弓を押す意識が強いと、弓手が動かなければ狙いも動かないので、中りやすい面もあります。
ですが、的中を意識しすぎてしまって弓手肩が入りすぎ、右の馬手の肩が抜けることで
胴が退きやすくなり、肩線がぶれてしまいます。

 

 

その結果、顔向けも甘くなって正しい狙いが定めににくくなります。
正しい肩線は、馬手肩が支点になる形で両肩が均等に入っていることです。
そうなれば左右均等に引き分けていることになります。

 

 

また、顔向けは真っ直ぐに維持するという教えが多いせいか、首を回し込もうとする意識が強くなって顔を伏せ気味になっている人が多いように思います。

 

 

ですが、そうなると胴造りも崩れてしまって、狙いを正しくつけられなくなってしまいます。
このようになる時は、無理に向けようとはせずに、人に呼ばれた時のように自然に振り向き、右目頭と左目尻で見るように意識すると狙いが良くなることもあります。

 

 

ただ、狙いや顔向けが正しいかどうかは自分ではなかなか分かりにくいので第三者に確認してもらった方が良いです。
射位についた状態で、真後ろに立ってもらい、筈から矢を通して狙いをチェックしてもらいましょう。