MENU

顔を打つ

離れの時に弦で顔を打つということはありませんか?
その他にも、弓道で耳や頬、胸を打つという人もいるでしょう。

 

 

特に、顔を思いっきり打ってしまうと、それがトラウマのようになって離れの時に緩んで弓を体から離してしまいがちになるものです。
そもそも体に当たるのは、右手のひねり不足が原因でしょう。

 

 

胸弦も頬付けも、しっかりひねっていれば離れた瞬間に弦がゆがけがの腹に沿って前方に出て行くので、打つことはありません。
ですが、ひねっていないと帽子が的の方向をむいているので、弦が真っ直ぐに出やすくなることで、顔などを打ってしまうのです。

 

 

その為、顔や胸などを打たない為には、ひねって大きく引くということを意識しておこなうと良いと思います。
また、この時には弓をぎゅっと握ってしまうと弓が照ってしまいがちになります。

 

 

手の内は強く握らず、柔らかく作りましょう。
学生の方を見ていると、弓構えの段階で強く握り込んで手の内を作っている人が多いようですが、先に絞るのではなく、最終的には会で絞れるようにすることが大切です。

 

 

更に、弦で髪の毛を払ってしまうようなケースも、ひねりをほんの少し意識すると改善されるでしょう。

 

 

ひねりなどの一連の動作も映像で分かりやすく解説してあります!

 

弓道上達革命DVDの詳細を見てみる