MENU

弓道の練習方法記事一覧

ゴム弓を使った練習をしていますか?弓道を始めたばかりの初心者の方はゴム弓使って練習している人も多いのではないでしょうか。適度な強さのゴム弓を使った練習をすることで、手の内、引き分けなど、射型を崩さずに矢を射る感覚を身につけることが出来て、弓道の基本的な練習をする時に役立ちますね。ゴムを使うことで他の力が一切かからないので、特に妻手の伸び合いや会で不安定になるようなら、離れの方向が崩れてしまうので、...

弓道の初心者向けの練習に徒手がありますね。ご存じかと思いますが、徒手とは、弓と矢を持たずに射法八節の動作を行う練習のことを言います。弓を引いたり、的を狙う動作などに意識を向ける必要がないので、自分の動作に集中できることから弓道を始めたばかりの初心者には有効な練習方法です。そして射法八節は、どれも重要な動作になり細部まで忠実に行うことが大切になります。特に弓道初心者は覚えた射法八節を頭では理解してい...

巻藁練習を行っていますか?通常の弓道の巻藁練習では、狙いがはっきりとしておらず離れの方向やタイミングなどの感覚が意識しにくいものです。特に妻手は感覚が全てとも言っていいですが、そこまで注意が行き届かないかもしれませんね。ですが、巻き藁に的をつけて練習をする場合は、的を正確に狙い、矢が中った際の音で残身を意識できますよね。そして、巻き藁的での練習を正しく行う為には、矢筋に向かって均等な左右のバランス...

見取り稽古を行っていますか?弓道の見取り稽古は、上手い方など様々な人の行射を見て技を盗むことですね。ただ、盗めるということは自分がそのレベルい達していないと出来なので、弓道初心者の方なら全体をイメージして真似るだけでも、上達が早くなるでしょう。また、壁にぶち当たった時などは他の上手な人と比較して、改善点などを見つけるキッカケにすれば意味のある稽古になるので、見取り稽古は重要です。また、この見取り稽...