MENU

見取り稽古の重要性

見取り稽古を行っていますか?
弓道の見取り稽古は、上手い方など様々な人の行射を見て技を盗むことですね。

 

 

ただ、盗めるということは自分がそのレベルい達していないと出来なので、弓道初心者の方なら全体をイメージして真似るだけでも、上達が早くなるでしょう。
また、壁にぶち当たった時などは他の上手な人と比較して、改善点などを見つけるキッカケにすれば意味のある稽古になるので、見取り稽古は重要です。

 

 

また、この見取り稽古以外にも、とにかく本数を引く数稽古がありますね。
多くの矢を射ることで自信や確信を作る基礎になるでしょう。

 

 

更に工夫稽古があり、これは今よりレベルを上げることを目指して、色々な稽古を工夫して取り入れることです。
この3つは、範士の先生が講習会でよく言われることなので、初心者の方でもご存じの方も多いかもしれませんね。

 

 

そして、見取り稽古で範士の先生などの、すごい射を見せていただいたとしても、それをいかに自分のものにするかは、基本をしつかり身につけ、その上で工夫をして、如何に効率よく練習するかでしょう。
実際に練習時間もなかなか取れず、数稽古がなかなか出来ないう人も多いものです。

 

 

その他にも、試合や審査での入場から退場までの体配や呼吸、間合いを覚えることも必要不可欠な稽古です。
ただ、稽古は何よりも自信を持って行うことが大切で、自分の行っていることを信じることが自信に繋がります。

 

 

この教士七段 増渕敦人監修の弓道上達革命DVDでは、緊張した場面でも通用する、基本に則った確かな射技と弓道家としての理想的な身体と精神も手に入れることができるので、見取り稽古をする機会があっても、思うように上達しないない初心者はもちろん、熟練者や指導者の方にも更なる上達のきっかけになることでしょう。

 

教え子を何度も全国大会優勝させた練習や鍛練法が良く分かります!

 

弓道上達革命DVDの詳細を見てみる