MENU

離れのコツ

離れが上手く出来ていますか?
離れは弓道で弓から矢が放たれた瞬間のことであり、あくまでも会の延長であり単独で存在するものではなく、足踏みから会までの動作を正しく正確に身につけていないと出来ません。

 

 

的の中心をに矢を放つイメージをもち、しっかり妻手の張り方向を確認して、力を保ちながら弓手の角見で弓を押し出す意識を持って行います。

 

 

矢筋に気を配り、会での力を変えないように、伸合いの延長線上で矢を離すようにするのがコツです。(伸合い以外の方向に向かって矢を放つと的から外れて失敗します。)
あくまで、足踏みから会までの整えてきた姿勢を崩さずに、全身に溜めた力を矢に伝えます。

 

 

また、伸合いの時に、力が止まったり抜けたりすると離れの方向が安定せず、妻手や弓手が下ったりするので、下半身の踏ん張りを効かせて、背中から胸を開くように放つのが理想的でしょう。

 

 

離れでは、左右の手に余計な力を入れず、呼吸は静かに吐きながら、自然な流れにまかせて行います。
ですが、単に離すのではなく、気力を充実したタイミングで離しましょう。
いずれにしても、他の人から見て不自然に見える内は正しい離れではありません。

 

 

離れの失敗の多くは、弓手の押し方向が間違っていたり、妻手の準備がしっかり出来ていないことが原因です。
離れの際に妻手が戻るゆるみや、妻手のみを使って離す妻手離れ、矢の延長線上より前で離す前離れなどです。

 

 

そして、正しい離れを意識する為には、弓や矢を持たずに練習すると良いです。
引き分けからの延長線上に離れがあると思って、会での詰合い、伸合いを意識して練習しましょう。

 

 

なお、妻手と弓手は連動しています。弓手が下がってしまう選手は妻手も下がっている可能性が高いです。この教士七段 増渕敦人監修の弓道上達革命DVDでは、離れ〜残身まで段階を追って解説してありますので、離れのやり方やタイミングなどのコツを知って理解を深めるチャンスにしてください。

 

離れの後、弓手が下がってしまう悪癖を短期間で矯正した稽古とは?

 

弓道上達革命DVDの詳細を見てみる