MENU

羽引きと円相の構え

弓道の弓構えの最終段階では羽引きをし、それが終わったら物見を行うようになりますね。
羽引きは、物見を入れる前に弓と矢の羽が重なっている部分を弓から引き出す動作になりますが、上半身を起こすような心持で行うといいかと思います。

 

羽引き

 

矢羽が弓に触れないくらいに両方の肘を張るようにして、両手を2〜3センチ押し開き矢の飛ぶ方向を決める大事な動作になりますね。
この時には、左右の手を均等に開きます。

 

 

そして、手の内を崩さないように行う必要がありますが、それには左手のひらが弓にきちんと接しているか確認しておくといいかと。そうすれば筈こぼれも防ぐことができますからね。

 

 

また、取懸けと手の内のを決めたら、円相の構え作ります。
これは両腕で輪を作るような姿勢になることです。

 

 

やや両肩(肩甲骨)を前に出して、胸は突き出さないで八角形の自然ななだらかな円相の姿勢にします。
この時には、弓と弦の真ん中が体の中心になります。

 

 

この円相の構えが出来上がったら、呼吸を整えて静から動の動作に移行するために気力を充実させ、その後に静かに物見を入れていくようになるかと思います。

 

 

弓構えはとても大切になってきますので、最初の段階でしっかり取懸け、手の内、物見を理解し身につけておくことで、その後にスムーズに上達に繋がるかなと思います。(*^▽^*)