MENU

弓構えで人差し指に力が入りすぎる

弓構えの時に、人差し指に力が入りすぎるということはありませんか?

 

 

弓道の射法のポイントの一つである弓構えは、右手を弦にかけて矢を押さえる取り懸け、弓を握る左手の形を整える手の内、的を定める物見の3つの動作からなります。

 

人差し指に力が入りすぎる

 

これが完成してはじめて、弓を引き矢を放つ動作が出来ます。。
その際に弓手の人差し指に力が入りすぎていまうという人もいるでしょう。

 

 

ですが、親指と向かい合い相対する人差し指は両方のバランスをとることが大事です。
人差し指は不要だから力をいれないという考えもあります。

 

 

ですが、親指と人差し指を開くようにすれば、手の内を整える時に最初に弓にあてる親指と人差し指の付け根の間の部分の虎口が広がり、弓の力を手の内の中心で受けやすくなります。

 

 

更に人差し指の先を少し上げておくと反動で親指の付け根が下がります。
そのような力の使い方も良いかもしれないですね。
そういったことからも、人差し指はいらないものではないはずです。

 

 

手の内を作り、弓を支える持ち方には中押し、上押し、下押しの3種類がありますが、弓道では手の内を作った左手の中心を軸にして弓を支える中押しを心掛ける必要があります。

 

 

そうすることで手の内が崩れず、的に真っ直ぐになるからです。

 

 

真っすぐに押す自然な中押しにするには、手の内を作るときに天文筋を正しく当てて弓を握ることです。
そうすればコブシの盛り上がった指の骨部分が一直線になります。

 

 

また射術では、弦を耳の後ろまで引き絞って、番えた矢を発射するまで維持し続けるのが右手(馬手)の役割です。

 

 

その馬手が上手く働かさせられるかどうかを左右するのが取り懸けです。
その為、基本を踏まえて細かいところまで注意して正しく行うことが必要です。

 

待望の中級者向け!弓道DVDがリリース!

【弓道の取り懸け・手の内の秘訣 増渕敦人監修】

〜中級者のための弓道上達の秘訣〜DVD2枚組


▼詳細は以下のバナーをクリック▼