MENU

大三から引き分けの留意点

弓道で打ち起こしで上方にあげた弓と弦を左右に引っ張り分けて離す動作が引き分けです。

 

引き分けの最初の段階を「押大目引三分一」と呼び、弓手(左手)の押す力を強くして馬手の引く力は三分の1程度にするという意意味合いがあり、これが大三。

大三から引き分け

 

つまり弓手の働き主導で、両こぶしを引き分けるようにします。

 

 

常に弓手主導でいかないと、矢こぼれなどを起こしかねません。

 

引き分けは、打ち起こしで上方にあげた両こぶしを左右に引き分けるようになりますが、体に引き付けて水平にするというよりは、上から下に移動させるという意識でやったほうが良いでしょう。

 

出来るだけ体の近くで大三を行って、右こぶしが顔よりこぶし一つ分くらい前にし、額よりこぶしい一つぶんくらい上にするくらいにすると良いかと思います。

 

 

この時に顔からこぶし一つ分より遠くに構えてしまうと、ゆるみ離れになることもあるので注意してください。

 

また、大三は肩と腕を一体化して動かすようにします。

 

弓手の上腕は少しひねり手の甲が上を向くように回内させ、弦に人差し指の付け根が触れるようにします。

 

 

そして、弓手は内側に少し返し、親指と人差し指の付け根が水平になるようにします。

 

ただ、骨格は人それぞれなので、回内しないでも良い人もいますし、回外したほうが良い人などもいます。

 

いずれにしも、大三からの引き分けは弓手の開きに対して馬手がついていくような感覚です。

 

 

馬手に力が入りすぎると、手首に力が入りすぎてしまって、弦を引きすぎてしまいます。

 

その結果、手首や指に力が入りすぎてしまうつまみ引きや、弦を強く弾きすぎてしまう手繰り引きになってしまいます。

 

手首はあくまで力を抜いて、肘から大きく動かすという意識を大三からの引き分けで持つと良いでしょう。

 

より詳しい情報は,、弓道の取り懸け・手の内の秘訣へ↓↓

待望の中級者向け!弓道DVDがリリース!

【弓道の取り懸け・手の内の秘訣 増渕敦人監修】

〜中級者のための弓道上達の秘訣〜DVD2枚組


▼詳細は以下のバナーをクリック▼