MENU

引き分けの射癖!会に入る前のチェツクポイントとは?

弓道で引き分けに射癖がありませんか?

 

正面打ち起こし法では引き分けの途中で大三をとりますが、いつも正確にできることは、会から離れでの力の働きや形においてとても大切なことです。

引き分けの射癖

 

その良し悪しは的中にも直結してきますので、手の内が完成していない正面打ち起こし法では、大三での完成度が重要になります。

 

 

その為、引き分けとその途中に位置は会に入る前の最終のチェツクポイントと言えます。

 

その際、チェツクしたいのは、両拳の高さや位置、引きの程度などです。

 

まず両拳の高さは、右拳は額の前あたりになるのが正しく、矢はおおむね床と水平になりますね。

 

 

ですが、高すぎると両肩が上がりやすくなり、これは打ち起こしから生じやすいと言えます。

 

逆に低すぎるようなら、引き尺が広めになっていることが多いです。

 

両拳の位置は、額と右拳の間に拳1個分の間隔があくのが標準的です。(約10pくらい)

 

 

拳が額から遠すぎると、引き分けに力がより必要になってきます。
近すぎると、右肘が前になりやすくなり、会の収まり方に影響が出て
しまうこともあります。

 

引きの程度に関しては、打ち起こしの際の右肘の位置が変わらない程度に大三をとるのが標準的な引き尺です。

 

この時には、右拳は額の前方になり、左肘はしっかり伸びている形です。

 

 

引きすぎる場合は、右拳の位置が打ち起こしの時よりも右側になり、引き尺が大きくなりすぎます。
また、引きすぎると位置も低くなりがちに。

 

逆に引き足らずでは、右手が的方向に流れてしまい、八束の2分の1以下になり、右手中心の引きになってしまいます。

 

さらに、引き分けから会の時に妻手から肩にかけてブレが生じている人も少なくありません。

 

 

形の拙劣は力の働きにも影響してくるので、形の上でも基本から外れないようにし、微妙は左右のバランスや力の働き具合も感じとれるようになりましょう。

 

待望の中級者向け!弓道DVDがリリース!

【弓道の取り懸け・手の内の秘訣 増渕敦人監修】

〜中級者のための弓道上達の秘訣〜DVD2枚組


▼詳細は以下のバナーをクリック▼