MENU

打ち起こしの射癖!意識する感覚とは?

弓道の打ち起こしで肩が上がるなど射癖がありませんか?

 

弓道の打ち起こしは、正面と斜面打ち起こしの2通りの方法がありますが、いずれもゆっくり静かに頭上に弓を持ち上げて引分け動作をする前の準備段階といえます。

 

弓構えでの整えた左右のバランスを崩さないように、両拳をゆっくり頭上に上げていきます。

 

 

その際は弓や矢の向きにも意識を向けることが大切です。

 

正面打ち起こしの場合、矢先が上がりすぎたり、下がりすぎたりすることなく、肩が上がらない範囲で高く打ち起こし、矢はほぼ床と水平、もしくはやや低くが基本となります。(厳密ではない)

 

個人差はありますが、腕の角度が45度くらいとなり三重十文字を崩さず、肩が上がらない範囲での打ち起こしが望ましいでしょう。

 

 

上げるときに拳の高さを同じにすると矢先が上がりすぎますし、矢先を低くしようと意識しすぎると、両拳のバランスの不均衡が大きくなってしまいます。

 

弓の向きは、体型や射法によっても変わりますが、基準は垂直です。

 

正面打ち起こしではやや照るようにしたほうが次の引分け動作に移りやすいかと思いいます。(斜面打ち起こしはやや伏せる)

 

 

また両拳を無造作に上げてしまうと照りすぎてしまいやすく、上体が反って姿勢はもちろん、手の内もが崩れやすいので注意が必要です。

 

正面打ち起こしでは、大三にいたる過程で完成形の手の内にしなければいけませんが、伏せすぎてしまうと引分けの途中の動作の大三への移行で手の内が決められなくなってしまいます。

 

大三における手の内は、外竹側の左角に当てた天文筋の位置に気をつけながら、弓の動きに応じて手の中で回転させ、手の内を完成させるようにしていきます。

 

 

また、打ち起こしながら大三に移行する際は、打ち起こしでの右肘の位置をあまり変化させないイメージをもち、右手先だけが左手についていくような感じで大三をとると良いでしょう。

 

いずれにしても、正面打ち起こしでも斜面打ち起こしでも、両肩を上げないのが基本です。

 

打ち起こしでの射癖を直したり防ぐには、目安となる基準や意識するポイントなどを押さえながら、出来ているときの感覚をつかむこと。

 

 

そして、第三者にチェツクしてもらうなどして良い状態のときの細かな感覚まで身につけ、それを意識して行えるように自分の感性を研ぎ澄ましましょう。

 

待望の中級者向け!弓道DVDがリリース!

【弓道の取り懸け・手の内の秘訣 増渕敦人監修】

〜中級者のための弓道上達の秘訣〜DVD2枚組


▼詳細は以下のバナーをクリック▼