MENU

会で射癖を生じさせない意識するポイント

弓道において会は、最良の離れのための最終準備と言えます。
その為、会に射癖があれば、離れにも不具合が生じたりしやすいものです。

 

射癖とまではいわないまでも、ほんのわずかな形が変わるだけでも実際の力の働きなどにも影響が及ぶことがあります。

 

そのため、射技の細かなところまで意識を持ち、射癖を生じさせないように注意を払い、理想型に近づけるるようにする努力は常に持ち続けたいものです。

 

 

まずは形の上での完成を目指し、さらに全身が天地左右に伸び合っていくようになります。

 

胴造りは終始変わらないようにし、三重十文字や縦横十文字は崩さず、矢束、狙い、胸弦、頬付けを完成させます。

 

また、落ち着いて伸び合うことをしっかり練習しましょう。
伸び合いや離れ、もしくは的中を急いで求めてしまっては、早気やゆるみなどを生じやすくなってしまいます。

 

 

例えば肩をひとつとっても、右肩や左肩が上がったり、前に出たりしがちです。

 

ですが会における肩のあり方はたいへん重要です。
左右の肩ともに、だいたい均整がとれていて、無駄な力が入っていない状態が理想です。

 

上から見ると、矢の向きと両肩を結んだ線とはほぼ平行となります。

 

 

また、左の肘の向きには個人差があるものの、通常は肘の内側が前を向く程度で、肘を内側に回しすぎると、角見の働きが妨げられてしまいます。

 

猿腕などを除けば外に回すことを意識する必要はないでしょう。

 

その他にも、矢の向き、頬付け、右手首の向き、ゆがけの帽子の向き、右手のひねりと押さえ方など、意識すべきポイントがあります。

 

 

ただ、肩や右ひじなどの位置は自分では気づきにくい場合もあり、第三者に見てもらい、よい評価を受けた時の感覚を覚えるようにするといいです。

 

もし、崩れがあるとしたら、会に入つてからの修正は好ましくありません。

 

引分けからどの段階で崩れが生じているか、第三者に見てもらいながら修正しましょう。

 

 

そして、物理的な力の働きと合わせて、心持やどういった感覚をもっていると良いのか、そうした会の意味を含めて感覚も理解しておくと射にも影響が出てくるものです。↓↓

 

待望の中級者向け!弓道DVDがリリース!

【弓道の取り懸け・手の内の秘訣 増渕敦人監修】

〜中級者のための弓道上達の秘訣〜DVD2枚組


▼詳細は以下のバナーをクリック▼