MENU

弓道の押手について

弓道で押手に悩みがある人も多いと思います。
例えば、離れの時にいつも下がってしまうという人もいるでしょう。

 

押手

 

その原因の一つとして考えれるのは、上押しをかけすぎたり、押手の肩が上がっていることがあるでしょうね。
なので、両肩を沈めるようにして伸びて、その際に下すじを利かせるように意識しながら離してみるといいかと思います。

 

 

イメージとしては、押手の肩や手首、肘などの関節を真っ直ぐに揃えるようにして、ゆっくり的に向ける感じかな。
直し方としてよく行われるのは、補助に入ってもらった人に押手の下に矢を置いてもらっておこなう素引きでの練習方法があります。

 

 

押手が下がれば、矢に当たってしまうので、おのずと腕があがりますからね。
また、弦が押手を打ってしまうという人もいると思います。このような人で手首の近くなら手の内の入りすぎが原因かと。

 

 

その為、手の甲を真っ直ぐにするようにして、的の中心より親指が右側に向くようにすればいいかなと思います。また弦も高めにするといいですよ。
また、これは猿腕の人に多いですが、押手の上腕部(肘の近く)を打つ場合なら、押手の肩が前に出すぎていたり、ひねり過ぎなどが考えられます。

 

 

なので、右に前腕を回転させすぎないようにして、肩も出しすぎないようにすることが大切でしょう。
更に、真ん中あたりを打つ場合なら、両肩を結ぶ線の押手のほうが矢に近すぎていることがあります。

 

 

矯正方法としてな、足踏みをして両肩を結ぶラインを矢と平行にして、素引きの練習をする方法がありますよ。
全身が映る鏡の前で確認しながら、最後に胸を開くように離すように意識してやるといいかと思います。

 

 

なお、手を内側にひねるか、外側にひねるかなど、弓の技術は正反対の考え方も多くあります。
どちらも正しいわけで、大事なのはその人にどちらが合うかではないかと思います。人はそれぞれ骨格も違えば体格も違いますからね。

 

 

いずれにしても、まずは基本を押さえて、それから自分にあうやり方を探すといいかと思います。(^-^;、