MENU

離れの馬手について!理想は自然に見えること

弓道において離れは、伸び合いを続け、力と気合が最高潮に達したやごろの瞬間に角見が働いている状態で行う発射の動作ですが、馬手の指の動きに大きく左右されるといえると思います。

 

弓道は矢を弓の右側に位置させる和弓を使うので、狙いが正しく、矢が的に向いているだけでは的中させることはできません。

離れの馬手

 

弓を真っすぐ押しただけだと、右方向に矢が飛び、頬や腕を弦で打ってしまう原因にもなってしまいます。

 

 

その為、弓に反時計方向のねじりを加える(上から見た場合)ことで、矢を正しく進行させることができ、これが角見の働きです。

 

そうしたことこともあり、良い離れは馬手の動きが大切になってくるわけですね。

 

理想的な離れは、強く鋭くありながらも、自然に離れていったかのように見えるのが理想。

 

 

胸の中筋を意識して左右均等に体を割り込むようにするなどのコツを押さえて、しっかり伸び合って角見を利かせて、迷わずに放つ。

 

ですが、体が反ったり、弓がてったりして自分では難しい。
また、ここまでくると馬手が引き戻されて緩みが生じやすくなることもありますが、力みが生じるとブレの原因にもなり、安定した的中も得られなくなります。

 

離れはごくわずかなブレも許されないので、自然な離れは求めてもそう簡単にできるものではなく、長年の修練が必要になるわけです。

 

 

だからこそ、実績が凄く今も修練をし続けている一流指導者が意識している離れの馬手の動きのポイントやコツ、感覚、意識の持ち方などを見て学ぶことは、マスクが当たり前の練習もままならない現在において、今より上達するきっかけが掴めると思います。

 

ちなみに、離れでの馬手(右手)、あるいは右肘をは的と逆に遠くの後方に伸ばすイメージで、迷わず、怖がらず胸を若干開くような感じで放つようにしたほうが良いと考えます。

 

TOPへ

 

待望の中級者向け!弓道DVDがリリース!

【弓道の取り懸け・手の内の秘訣 増渕敦人監修】

〜中級者のための弓道上達の秘訣〜DVD2枚組


▼詳細は以下のバナーをクリック▼