MENU

引き尺がとれない、足りない!

弓道で、引分けのときに引き尺を一定にすることができていますか?

 

引き尺がとれない、足りないという人も少なくないかと思いますが、矢束を一定に保つことは大変重要です。

 

八束はおよそ身長の2分の1程度であり、狙いが同じだったとしても引くべき矢の長さである八束が違えば矢所も変わり、矢飛びが定まりません。

 

 

引き過ぎると、その後の引分けがやりやすいですが、疲労しやすくなりますし、引き尺が足りない引き足らずは大三の保持はラクですが、左右のバランスの確認が適切にできません。

 

また、引分けが難しくなって右手で力任せな引分けになりやすく左右のバランスが崩れてしまいます。

 

弓道初心者に多いのは、左手を支点にして右手で引くという引き分けになりがちです。
その結果、腕に負担もかかりますし、左肩にも力が入ってしまいやすくなります。

 

 

引き分けは弓を身体に寄せて引きつける水平の動きというよりは、上から下に移動する上下の動きという意識をもったほうが良いかと思います。

 

そうすることで、弓を左右に均等になるように弓の中に身体を割り込むようにする動作になるからです。

 

また、右手に力が入りすぎると、肘よりも手首に力が入りすぎて、手先の力で弦を強く引きすぎてしまう手繰り引きだったり、手首や指に力が入りすぎてしまうつまみ引きになります。

 

 

その為、手首の力を抜いて肘を大きく動かす意識をもって行うことがコツです。

 

できるだけ体の近くで大三を行い、右拳が顔よりこぶし一つ前、また、額より拳一つ上くらいが良いかと思います。眉に右拳がかかると低すぎます。

 

引き分けは、右手と左手の力のバランスが正しい位置で維持されている状態を自分でつかむことが大切で、引き分けを正しく行えるかが離れに影響してきます。

 

 

その際の矢束(引き尺)を一定に保つための方法として、左手を伸ばして喉ぼとけに筈をあて、左手中指の位置で矢に印をつけるというやり方もありますが、高校以上の一般では違反になります。

 

では結果を残している上級者は引き尺の目安を何にしているか、引き尺がとれない、足りない人はどんな感覚か具体的に必要なのか…その都度引き尺が違うような人や、指導で悩んでいる方はは参考にしてみると良いかもしれません。

 

待望の中級者向け!弓道DVDがリリース!

【弓道の取り懸け・手の内の秘訣 増渕敦人監修】

〜中級者のための弓道上達の秘訣〜DVD2枚組


▼詳細は以下のバナーをクリック▼