MENU

手の内の射癖!大三で崩れるのは?

弓道では角見の働きが、矢飛びに大きく影響してくるのは中級者の方なら承知しているはず。

 

その為、最良の手の内は角見の働きと高い的中率を得るための超重要ポイントと言えます。

 

的中率が悪いという結果に対しては、必ず原因があり、何かしらの射癖がある筈です。

 

 

例えば矢が飛んで行った場所(矢所)が、前(右)に外れる場合なら、狙いが右すぎたり、角見が利いていない、物見が浅い、左手の押しが弱いなど、自分の射癖などの課題を推測すことができます。

 

手の内は、弓への当てる位置、指先、手首のあり方、手のひらなど、細心の注意を払わなければいけない点は多くあります。

 

左手の指の形は、親指の根元の角見に弓の力を受けられらように、親指は少し伸ばすようにして曲げないで、親指と中指の間は開かいようにして整えます。

 

 

弓構えでは、正面打ち起こしでは完全に決められないので、準備の手の内になります。
手首に少し丸みを持たせるようにして、無理のない範囲にすべきです。

 

手の内を完全に決めようとすれば、手首が入りすぎて大三に移行しやすい反面、弓構えが窮屈になってしまいます。

 

かといって、円相の構えを意識しすぎてしまうと手首が控えすぎて、大三に上手く移れません。
その結果、せっかく準備した手の内が大三に移行するにつれて崩れてしまいます。

 

 

親指を曲げて握る癖がある人は、弓を握り込みすぎてしまっていることが多いです。

 

そうなると、親指の根元で弓を押すことができなくなってしまいます。

 

これは、親指の付け根が浮いたりした場合も同様です。その場合、下押しの手の内になりやすいとも言えます。

 

 

また、指が揃わないのもよくありません。
何故なら、適正に弓をねじる働きが得れなくなってしまうからです。

 

その際、中指、薬指、小指の三指のかかりが浅いと、ねじりも利かせにくいですし、角見も当然利きにくくなります。

 

逆に指先のかかりが深すぎても、弓返りが生じにくくなり、離れと同時に手を開いて弓返しをしてしまうことにもなってしまいますね。

 

 

そして、天文筋と弓の位置は、上押しや下押しになって手首が上下に偏ったりせずに、中庸を得た中押しの手の内とすることが理想です。

 

それには、天文筋は弓の外竹側の左角に位置することを基準に考えると良いかと思います。

 

いずれにしても、手の内をいかに正確に作るかが矢飛びや的中には重要になります。

 

 

上級者はやはり、無理のない形でありながら、強く鋭い角見の働きが利く手の内をしているものなので、上手に出来ている人の射をみて、自分とどこが違うのか、感じ取るようにすることは、手の内などの射癖の修正にも繋がる筈です。

 

待望の中級者向け!弓道DVDがリリース!

【弓道の取り懸け・手の内の秘訣 増渕敦人監修】

〜中級者のための弓道上達の秘訣〜DVD2枚組


▼詳細は以下のバナーをクリック▼